お知らせ2024年1月31日 18:00

とやまささえあい基金の募金箱設置情報

富山県内のNPOへ支援金を届ける「とやまささえあい基金」へご支援いただき、ありがとうございます!



とやまささえあい基金はクラウドファンディングだけでなく、募金箱でも支援を募っています。
 


普段はまちスポとやまの事務所や総曲輪レガートスクエア内に置いていますが、今週末の富山市イベントでは、地域の皆様のご厚意で「がんばろうとやま!マーク」の募金箱が置かれています。イベントにいらっしゃる方は、是非ご支援ください。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
●とやまささえあい基金募金箱設置イベント

 2/2(金)富山市SDGsウィーク「SDGsシネマ「夢みる給食」プレミアム上映会 & トーク」
※映画鑑賞申込は定員に達しています
詳細 https://sdgs.city.toyama.lg.jp/week/2024/event.html

2/3(土)能登半島地震被災地支援 チャリティ上映会

日程:2月3日(土)10時~16時
会場:ほとり座ライブホール
料金:各回一般 3,000円/小中高生 1,000円

◆午前の回/10:00開場 10:30「ひとにぎりの塩」上映開始(12:00ごろ終了)
◆午後の回/14:30「一献の系譜」(16:00ごろ上映会終了)
(座席数は各回50席、ご予約優先となります。1/31現在、まだ空席あり!ご予約→ cinema@hotori.jp )
能登と氷見が感じられる空間づくりや物販ブースに「とやまささえあい基金」募金箱を設置しています。
詳細 https://hotori.jp/events/event/16069

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

「私達のイベントでも募金箱置けるよ!」などご協力いただけることがあれば、是非お声掛けいただけますと幸いです。

令和6年能登半島沖地震から、明日で1カ月を迎え富山県内のインフラも徐々に復興し、石川県内の避難者の宿泊施設での受け入れも始まっています。

一方で、令和6年能登半島地震に係る県内被害状況も日々更新されており、1月30日の段階で6,000棟以上の住家被害、47名の人的被害の情報が発信されています。(富山県防災・危機管理課)

震災後まだまだ多方面でのケアが必要です。県内NPOも多くの支援活動を行っています。
2月5日にNPO団体の情報共有会議がありますので、また様子をご報告いたします。

令和6年 能登半島地震 富山県災害支援金「とやまささえあい基金」【OCOS公式】

集まっている金額
150,000円
現在
150 %
目標金額 100,000円
参加人数 30人
残り日数 3日
オーナー OCOS(公式)+認定NPO法人まちづくりスポット

【とやまささえあい基金へ】1,000円の支援


¥1,000

【とやまささえあい基金へ】5,000円の支援


¥5,000

【とやまささえあい基金へ】10,000円の支援


¥10,000

【とやまささえあい基金へ】50,000円の支援


¥50,000

【とやまささえあい基金へ】100,000円の支援


¥100,000